ブログネタ
グルメ・食品 に参加中!
034

今日のあさイチは「夏をおいしく! 魔法のスパイス」というテーマです。

お料理に欠かせないスパイスですが、
「レシピ本には”少々”とあるけど分量がイマイチわからない」
「スパイスが使い切れないまま賞味期限がきれて捨ててしまう」
などのスパイスの悩み特集です。

ナツメグの分量がわからないなどの悩みを解消


ハンバーグなどひき肉の臭みを消しに使われるナツメグですが使う分量が難しいですよね。
入れ過ぎると変な味になってしまうし、料理本に表記されている「少々」の分量が分かりにくいですね。

ナツメグは「香水のように使う」そうで控えめに使うのがコツだそうです。

ハンバーグ専門店の山本昇平さんに、実際にお店で使っているナツメグの分量を特別に公開していただきました。
幾度と試作を重ね導き出したナツメグの分量は、ひき肉の分量に対して0.2パーセント。
例えば、4人分のハンバーグの場合、400グラムのひき肉に対してナツメグは0.8グラム。
目安は小さじ2分の1です。

出典: あさイチより
プロのシェフもナツメグの分量はきっちり計量されているそうです。

ナツメグのハンバーグ以外の使い方


ナツメグは最後まで使い切れないで賞味期限が過ぎてしまい捨ててしまいがちなスパイスですね。

ハンバーグ以外にも勿論ナツメグは色々使えます。

卵、乳製品の臭みとり、パウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子の香り付け、
紅茶にスパイスをプラスしたチャイにも用いられます。

ガラムマサラの活用法


カレーの仕上げに使うガラムマサラは数種類のスパイスを調合したものです。

ちょいたし術としてチャーハン、焼きそばに使うとエスニックな味わいになるそうです。
また素麺にちょいたしすると食欲をそそるのでいつもの素麺に飽きた時などに良いそうです。

カレールーを使わないガラムマサラのカレーレシピ

料理研究家のヤミーさんのガラムマサラを使ったカレーのレシピ。
とても美味しそうなのでチャレンジしてみたいと思います。

ヤミーさんおすすめ!「ガラムマサラカレー」のレシピ



【材料・4人分】
・鶏もも肉・・・500グラム
・たまねぎ(中)・・・2コ
・塩・・・小さじ4分の1
・にんにく(すりおろす)・・・小さじ1
・しょうが(すりおろす)・・・小さじ1
・ガラムマサラ・・・大さじ1
・サラダ油・・・大さじ2
・トマトの水煮(缶詰・カットタイプ)・・・2分の1缶(200グラム)
・ヨーグルト(無糖)・・・2分の1カップ
・塩・・・小さじ1
・水・・・3カップ

【作り方】
  1. たまねぎはあらみじん切りにする。鶏肉は一口大に切って塩をもみ込む。
  2. 厚手の鍋にサラダ油(大さじ1)を熱し、鶏肉を軽く焼き色がつく程度に焼いて取り出し、空いた鍋に残りのサラダ油(大さじ1)を入れて、たまねぎ、にんにく、しょうがを加えて、たまねぎがきつね色になるまでしっかり炒める。
  3. 鍋肌につかないように、ガラムマサラを加えて香りが立つまで混ぜ合わせたら、トマトの缶詰、ヨーグルト、塩を加えて混ぜ合わせる。
  4. 鶏肉をもどして水を加え、ふたをして10分ほど煮込めば完成。

※辛さを加えたいときは、ガラムマサラを加えるとの同じタイミングで、一味とうがらしを小さじ4分の1加える。

出典: あさイチより

山椒活用レシピ


和食のスパイスの代表的な山椒ですが鰻の蒲焼き以外にも色々使い道があります。
餃子の餡やポテトサラダ、揚げなすなどあさイチで紹介されました。

「さんしょう入り和風冷なす」のレシピ


【材料・4人分】
・なす・・・5本
・めんつゆ・・・大さじ3
・しょうゆ・・・小さじ1
・砂糖・・・大さじ1
・白ごま・・・大さじ2分の1
・粉さんしょう・・・小さじ2分の1

【作り方】
  1. なすは縦6等分にし、切り目を入れて素揚げする。(※高温で揚げる)
  2. めんつゆ、しょうゆ、砂糖、粉さんしょうを混ぜて、なすにかける。
  3. 冷蔵庫で冷やし、白ごまを振れば完成。
出典: あさイチより
スパイスの使い方ですが、鍋にそのまま振り入れるのは良くない使い方で湿気がスパイスに入り込んでしまい、風味が落ちるそうです。
面倒でも小皿に移してから鍋に入れるのが正解だそうです。

スパイスの保存は冷暗所または冷蔵庫に入れるのが 正しい保存方法。キッチン周りに出しっぱなしにするのはスパイスが劣化する原因になるそうです。

今回のスパイス特集はとっても勉強になりました。スパイスを使いこなして料理の腕を上げたいと思います。 

スポンサード リンク